日々灯のステアリンキャンドル

当店の基本ラインナップは燃焼のためのキャンドルになります。

とにかく「灯して綺麗」、「使い心地がいい」ということ。

使い心地が良いというのはどういうことかと言えば…

①炎がゆれにくく燃焼が安定的

②溶け残りがすくなく、ロウ垂れも少ない

ということだと思っています。

シンプルなものほど、こういった条件に応えられるのですが

シンプルなものほど、オリジナリティを出すのが難しいのです。

「オリジナリティなんて無くても良い」と言ってしまえば簡単で無色のキャンドルを作ったって良いのかも知れませんが、それではメーカーの工場製品との違いもなくなってしまいます。工場製品のほうが安価ですし、また均質さという点でも徹底されいるので、自分ならそちらを買います。

はやり同時にハンドメイドで作る意義がなくてはなりません。

色々悩んで作ったのがこちらのキャンドルです。

まず、原料が100%ステアリン酸。

これは最初に挙げた「使い心地の良さ」を追及してのことなのですが、

同時に日本ではほとんど作られていないキャンドルでもあります。

もちろん重要なのは、灯して「良い」かどうかです。

灯してもきれいなのです。

溶け残りが薄く網状に残っていって、パームキャンドルのような燃焼です。

壊さなければどんどん長くなります。

1本で25時間ほどの燃焼時間。

ロウが溶けにくく密度も詰まっているので、サイズのわりに長持ちです。

テーブル用のキャンドルとして設計しているので、1回に使う時間を1時間で(あるいは30分で)消してしまっても、上手に使い切ることができますし、長時間灯してもロウ垂れは最小量で済ませられます(垂れても液化しにくいので、垂れ続けずに食い止められます)

色はとりあえずこの3色でスタート。

+ 黒もあります。

黒はとっても和っぽいモダンな佇まいです。

そしてここまで紹介しながら、大変申し訳ありませんが、工房からのネット販売、直接販売は7月頃のスタートになりそうです。

とりあえず当工房のあるspace1-15にあります「書庫303」に先行して納品させてもらいましたので、しばらくは書庫303のみで購入可能です。

すでに4種類置いていただいております。

書庫303

※土日のみの営業(+不定休)

7月以降に色数も増やす予定で無地のものも作る予定です。

「予定」ばかりごめんなさい。

キャンドル教室も5,6月にはと言っていましたが、7月中旬頃からになりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA